中性脂肪 アルコール

中性脂肪とアルコールの関係とは

アルコールのとりすぎと中性脂肪の関係はあるのでしょうか?
お酒の飲み過ぎるのは肝臓に良くないというのは本当のことです
その理由は肝臓でアルコールが分解されるため、肝臓に負担がかかるためです

 

飲酒によって肝臓で中性脂肪の合成が促進され、
血液中の中性脂肪、LDLコレステロール(悪玉)が増加してしまいます

 

お酒に強い、弱いは個人差がありますが
飲酒によって肝臓に負担をかけている可能性は誰にでもあります

 

アルコールは胃や小腸に吸収されて血液に入るのですが
約90%が肝臓へと運ばれADH(アルコール脱水素酵素)と
ALDH2(アルデヒド脱水素酵素)という酵素によって無毒化されます

 

まず、ADH(アルコール脱水素酵素)が
アルコールを毒性のあるアセトアルデヒドに分解し
ALDH2(アルデヒド脱水素酵素)がアセトアルデヒドを無害な酢酸へと変化させ
全身を巡った後に水と炭酸ガスに分解され
体外に排出されるという仕組みになります

 

残りの10%は汗などから排出されます
というわけで、体臭からアルコールのニオイがするのはこのためです

 

お酒をのんで、頭が痛くなったり顔が赤くなるのは
アセトアルデヒドが肝臓内で十分に分解されていないことが原因で
これが繰り返されるとアセトアルデヒドが脂肪の分解を抑制し、
同時に脂肪酸(中性脂肪の原料)の合成を高めるため
肝細胞内に中性脂肪が溜まり、脂肪肝になりやすくなります

 

この状態が悪化すると「肝硬変」や「肝がん」などになる危険性も!

 

 

1日3合程度の日本酒の飲酒を2〜3年毎日続けると脂肪肝になるリスクも高まります

 

このように、アルコールを大量に摂取すると肝臓に負担がかかり
病気のリスクが高まりますが少量であれば
「酒は百薬の長」といわれるように健康増進効果もあります
疲労回復やリラックス効果など、楽しく少しなら良いことも多いですね

 

一日のアルコール量の目安

一日のアルコール量は約20g
ビール中瓶1本、日本酒1合(180ml)で
体重60〜70kgの方ならアルコールを肝臓で分解するのに
3時間ほどかかる量となります

 

量はもちろんですが毎日の飲酒をさけて、
肝臓を休ませ手上げるのも大切です

 

アルコールと肥満の関係

酔うと食欲旺盛になるのはもちろんですが
飲んだ後は、締めのラーメンなどが食べたくなるのはなぜでしょう

 

これにも理由があるそうです
アルコールによって、グリコーゲンが不足し低血糖になり、
ナトリウムや水分も不足したり脳の満腹中枢も麻痺するためだとか
このようにして、余分なカロリーをとってしまうんですね

 

さらに体内にアルコールが入ると、肝臓はアルコールの分解を
優先してしまい、脂肪が蓄積されるというデメリットもあります

 

中性脂肪をためこまないためにも、飲酒と
それにともなう食べすぎにも注意したいですね